• ホーム
  • 今話題のニキビ跡を抑える薬・ヒルドイドとは

今話題のニキビ跡を抑える薬・ヒルドイドとは

肌がきれいな女性

ニキビ跡が目立ってしまい気になる、早くきれいな肌に治したい、そんな場合に役立つアイテムとしてヒルドイドが注目を集めています。ヒルドイドは優れた保湿効果を持つことから、シワやくすみにもよいとして評判になっているクリームです。皮膚炎によって生じる強い乾燥の症状を抑えたり、傷跡がケロイド状になったりすることを予防するため、医療用の医薬品として開発されました。さまざまな原因によって生じた皮膚トラブルを改善し、悪化を予防する医療用のクリームとして、クリニックなどで処方されているのです。

もともとは医療用の医薬品でしたが、その優れた効果が注目を浴びるようになり、SNSで大きな話題を集めるようになりました。皮膚科クリニックで処方を受けた人が実際に使用してみた結果や、その美容効果を口コミで広げていったのです。肌がしっとりする、高級化粧品にも負けない保湿性がある、などその素晴らしさはSNS上で大きく評価されました。ヒルドイドの評判が一気に広まった理由は、その安価さにもあるでしょう。

一般的に市販されている高保湿化粧品は、高級な原材料を使用しているため高めの価格設定となっていることが多いものです。安価なクリームや乳液では十分に保湿できないが、高保湿化粧品は値段が高くて手が出ない、そんな悩みを抱えている方も多いでしょう。どんなに肌によい製品だと分かっていても、数万など高額で販売されているものを毎日使用するとなると経済的な負担が大きくなってしまいます。できるだけ低価格で肌によいものが欲しい、安くても保湿性に優れたクリームが欲しい、そんなニーズにぴったりと合うアイテムとして、ヒルドイドが人気を集めるようになったのです。

ヒルドイドはなぜ優れた保湿性を持っているのか、その理由はヘパリン類似物質にあります。ヘパリン類似物質は、血行促進や抗炎症作用の効果が認められている保湿剤です。皮脂欠乏性や外傷、ケロイドなどさまざまな症状に適した成分として、使用されています。ヒルドイドがニキビ跡によいとされる理由は、ヘパリン類似物質が持つ血行促進作用にあるでしょう。

ニキビ跡が長く残ってしまう原因の一つとして、ターンオーバーサイクルの乱れをあげることができます。皮膚の血行が悪く、肌細胞の新陳代謝が滞ってしまった結果、傷跡やニキビ跡が改善しなくなっている、ということが考えられるのです。血行をしっかりと促進すれば、肌に残っている古い角質の排出が進み、新しい皮膚の再生が促される、という効果が期待できます。

ニキビ改善のためには、ニキビをきれいに治し、再発を防いでいくことが大切でしょう。皮膚のターンオーバーサイクルを正常化させ、健康でトラブルが起きにくい状態を作っていくことが必要となります。血行促進効果と抗炎症作用を持つヒルドイドは、ニキビに悩む人にとって非常に使いやすいクリームだといえるでしょう。

血行がよくなりターンオーバーが促進されれば、シワ改善などや美容効果も期待できます。ヘパリン類似物質は、角質層のラメラ構造を整え、天然保湿因子を増やすといった作用も持っています。肌の内側にある天然の保湿因子を増加させつつ、血行を促進してターンオーバーを促すという、非常に優れた成分なのです。肌がガサガサとした手触りになっていたり、乾燥によるシワやニキビトラブルが目立っていたりすると、鏡を見る度に気持ちがダウンしてしまいます。こうした皮膚トラブルを一気に解決することができれば、本来の健康な美しさを取り戻すことができるでしょう。ケロイド状になってしまった傷跡やニキビ跡に悩んでいるのなら、ヒルドイドの効果に注目してみるのがおすすめです。