• ホーム
  • 皮膚科へ行ってニキビの薬を処方してもらう場合

皮膚科へ行ってニキビの薬を処方してもらう場合

額や頬、顎などの目立ちやすい場所にニキビができてしまったら、できるだけ早くきれいに治してしまいたいものです。痛みやかゆみがないからといって放置していると、炎症が進んで症状が悪化してしまうかもしれません。きれいに完治させたいのなら、皮膚科クリニックで受診をして薬を処方してもらうのがよいでしょう。

皮膚科クリニックでは、ニキビについてどういった治療を行っているでしょうか。通常、まずは問診が行われ、症状があらわれた時期や部位、女性の場合は生理周期などについての質問を受ける形となります。その後皮膚の状態を診察し、どういった段階にあるのかを診断した後、症状にあった治療を行うという流れです。

皮膚科の治療で処方される薬には、飲み薬と塗り薬の2種類があります。処方される飲み薬は、菌の繁殖を抑える抗生物質や抗炎症薬、皮脂分泌を抑える薬などです。また症状や体質に合わせて、ホルモンバランスを整える薬や、漢方薬などが処方される場合もあります。その他補助的な薬として、色素沈着を抑えるためビタミンCなどが処方されることもあるでしょう。基本的には炎症と細菌の繁殖を抑え、症状を早めに治していく、という形になります。

塗り薬の場合、抗生物質のクリームや外用抗菌剤などが一般的に用いられています。いずれも菌の繁殖を抑えて、ニキビの炎症を改善してくれる塗り薬です。また症状によっては、ステロイド外用薬が処方される場合もあります。ステロイドは本来、ニキビ治療のために用いられる塗り薬ではありませんが、炎症によるかゆみや痛みを抑えてくれるのが特徴です。かゆみがあり眠っている間に引っ掻いてしまう、痛みが強く気になってしまう、といった場合には適した薬だといえるでしょう。一時的にステロイドで炎症を抑え、その後本来のニキビ治療を始める、といった形になります。

白い吹き出物や黒ニキビの場合、面ぼう圧出といった治療も有効です。消毒した器具を用いて、毛穴に詰まっている皮脂を押し出すという治療方法になります。炎症を引き起こすアクネ菌は、毛穴内に溜まっている皮脂を栄養として増殖するため、早い段階で皮脂を除去すれば、症状の進行を防ぐことが可能なのです。目立たないうちに面ぼう圧出で内部の皮脂を取り除けば、炎症に至る前に完治させることも可能だといわれています。

美容皮膚科クリニックの場合、レーザーを用いて面ぼう圧出を行なっているところもあります。皮脂を押し出すだけでなく、レーザーの熱によって内部を殺菌できるのが魅力です。また皮脂腺にダメージを与えることができるため、同じ場所にニキビが再発しにくくなるというメリットも持っています。

塗り薬や飲み薬を処方されたら、医者の指導に従い、正しく使用していくことが大切です。赤みのあるニキビがなくなっても、毛穴が詰まりやすい状態が続いていれば、再び症状があらわれる可能性があります。症状が抑まったと感じても、自己判断で薬をやめず医者に相談をして、判断してもらいましょう。クリニックでは薬の処方だけでなく、生活習慣などに対するアドバイスを受けることもできます。

ニキビトラブルは、皮脂の過剰分泌によって引き起こされていることが多いため、食事の内容に気を配ったり、規則正しい生活リズムを維持したりすることによって、改善が期待できるのです。何度も繰り返し再発しているという場合、外用薬や内服薬で治療をしても根本的な解決に至らない可能性があります。食生活や生活リズムについての指導を受けたら、なるべく守って改善を行なっていきましょう。食物繊維やビタミンを食事でしっかりと摂取していけば、肌の健康を守ることができます。